ネガティブって悪いこと?

マインド

先日twitterでこんな投稿をしました。

「無理にポジティブにならない」

ポジティブになれない自分

私には1歳の息子がいて離乳食に奮闘する毎日です。

第一子なのでわけもわからず、本やネットを見ながら、離乳食ってこんなに大変なのかと死にそうになりながら作っています。

最近、息子に自我がめちゃくちゃ芽生えてきて

自分でつかめないと泣き
美味しくないと皿ごとふっ飛ばし
もういらなければ床に捨てます。

でも1歳相手に怒るわけにもいかず
せっかく作ったのに!このやろ!
って思いつつも耐えるわけです。

いやこれ、本当に毎日修行ですよね…
精神鍛えられまくりです。

その投稿をした時は
テーブルにあった水を見事に
ぶちまけちゃったんです…まるで打ち水。

そこで、隣にいた母が

「床が綺麗になったね!よかったね

と言ってきたんです。この考えはとってもすごい。

母はやっぱり尊敬だなと思ったんですが
残念ながら自分は思うことができなかった。

まだまだ修行が足りないな…
と思ったけど改めて考えてみたら
いや、そうじゃないかもと。

ネガティブは悪?

「ネガティブ」って聞くとなんとなく悪いイメージですよね。

直さなきゃなそう思うかもしれません。

私も昔からネガティブなので

挑戦する前から失敗したらどうしようと考え、失敗するとくよくよ引きずり、起こってない最悪の事態まで考えてしまう。

そんな人です。
だからポジティブな人っていいなぁ
すぐ切り替えられて忘れられるっていいなぁ

ずっと思っていました。

くよくよタイムはお友だち

私は中学時代、卓球部でした。

卓球は先に11点取ると試合終了です。
10-10になればまだ続くのですが
結構あっと言う間なんですよね。

強い相手を前にするとびびってしまいます。

大きい声で

さぁぁぁーーーーー!

とか言われると無理。

私の心の中は確かにがんばらなきゃっていう気持ちはあるし、負けず嫌いだから
勝ちたい気持ちはあるんだけどどこか弱気。

こんなに強い人だから私なんか…
もう8点、9点…無理やーーーー

そうです。
負ける時は技術ではなくメンタルが相手に耐えられなかった時だと思います。

試合終了後は、くよくよタイムです。
深く考えてしまいます。

あのサーブさえよければ
もっと早く動けば
ラケットの角度があかんかった

などなど…反省は続きます。

でも今思えば
確かに切り替え早く次はがんばるぞー!
どんまいー!っていう気持ちは大切だけど

(どんまいって明るく言われると
どんまいじゃないて!って萎えてしまう…)

ネガティブでもくよくよでも
たくさん考えて反省して改善点が分かっていた。

それでよかったんじゃないかと。

HSPの「深く考える」は

考えすぎじゃない?と言われるかもしれないけど強みでもあるってこと

たくさん考えて考えて次に生かせるならそれでいいんじゃないかと思えたんです。

必ずしも
ポジティブがいい
ネガティブはだめ

そうじゃないってことです。

最近の私

ネガティブの自分でもいいやって
思うことにしています。

冒頭でお話した水ぶちまけ事件も
私は明るく振る舞えなかった。

それが自分なんだと。
それでいい。

無理にポジティブになろうと思えば思うほど

それが正しくて、ネガティブな自分は悪いんだって思ってしまって辛いから。

何か大変なこと、困難なことが起こってネガティブな感情が出てくるのは自然なことだと思っています。

元々ネガティブなら

それをどう受け止めるか。
認められるか

それが大切なんじゃないでしょうか。

最近の私は
そういった事態に出くわした時
とりあえず6秒くらい待つことにしています。

なぜ6秒かというと
諸説はありますが
日本アンガーマネジメント協会によると
人の怒りのピークは6秒だからだそうです。

6秒、意外と長いですよね。

「そうか、こういうことになったのね」
自分で事実確認をするようにしています。

「そうか、水がこぼれたな」という感じで。

あとは
一旦違う場所に逃げることもやります。

今回は「洗面所にタオルを取りに行く」
それでだいたい収まりました。

日常生活では

・へこむこと

・くよくよすること

・怒れること……

そんなネガティブな事態が
たくさん起こります。

仕事でも家庭でも。

「ネガティブなことは吹き飛ばさなきゃいけない、明るく振る舞えば元気になれる」

そう思えないならそれでいいんです。

ありのままの自分を認めて対処できればなと改めて思った今回のことでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました