「で、何が言いたいの?」って言われてた話下手な私がラジオを3ヶ月やったら

ストーリー

10月からstandfmでラジオを始めて
3ヶ月経ちました。

そしたら現在
びっくりするほどに
話すのに抵抗がなくなって

え、なんか自信ついてきたよ??!

っていう自分がいます。

昔から
話すのが絶望的に下手で
書いたり読んだりするほうが
得意な内向的だったから

自分の変化に
自分自身が一番驚いてるんですよね…

ちょっと昔の私の話をしつつ
内向的でもしゃべるトレーニングを
してみたら

あら不思議…!自信がつくよ!

っていうことを
この記事では書いていこうかなと
思います。

話すのが苦手……というあなたに。

あおは めのまえが まっくらに なった

小学生の頃から
話すのが苦手でした。

発表も恐る恐る手をあげ
当てられそうになると
目をそらしてしまう。

「じゃあ、あおさん」

うわぁ当たってしまったよ‥
なんでだよ‥

冷や汗をかきながら
椅子から立ち上がる。

どうしよう……

みんなこっち見てる。
視線が痛い。

みんなじゃがいもだと思え
とか言うけど無理無理無理。

「大きい声で話してくださーい」

どっかから聞こえてきた。

はぁ
またうまく話せなかった……

それが学生時代の私でした。

言いたいことはあるけれど
いざみんなを目の前にすると
途端に頭にあったものが
全て吹き飛んでしまうんです。

そして
発表はもちろんこのように
苦手の極みだったんですが

大勢で話すときも辛かったです。

みんなで話すときはたいてい
聞き役が多かったから

うんうん

って聞いてるんだけど

「で、あおはどう?」

そう自分のターンが来たら

え?あっえーっと……
もごもご……

って感じで
なんて言ったら正解?
いやこれはだめだろ
あー言葉が出てこない…

なんてぐるぐる考えた末
話そうと思ったら
もう話題変わってるみたいな笑

あ、凪のお暇
見た方なら既視感があるかも。

会社の同僚4人で
ランチしているときに
凪ちゃんが話をふられて
考えた末にもう話終了で
ちーんってなったあの感じ。

思い出しただけで
あの空気。

怖すぎますよ。本当に。

面白い話もできないし
それ以前に考えすぎて
言葉が出てこないんですよね。

「あおは めのまえが まっくらに
なった!」

いつでも
ゲームオーバーでした。

「で、何が言いたいの?」

大学生、社会人を経て
しゃべらなきゃいけない
環境にいたこともあり

高校時代までの自分よりは
話せるようになっていた気もします。

でも
いざとなった時に
萎縮してしまう自分がいる。

「で、何が言いたいの?」

新卒でホテルに入ったときに
めちゃくちゃ言われた言葉です。

それを言われたときに
もう絶望的になってしまい

怒られる

声が小さくなる

言葉が出てこない

呆れられる

その負のループに
はまっていました。

話の要点をまとめるのが
苦手だったのです。

例えば何かトラブルが
起きたとき

こうこうこんな経緯があって
それで〜こうなってああなって……

とだらだら話していました。

それで
あれ、言いたいことって
なんだっけってなることが
かなり多かったです。

そして
仕事でもそんな感じなので
家に帰ってからも
夫に言われるんですよね。

「で?」

って。

そう言われるたびに
頭は混乱して余計話せなく
なってしまうのでした。

しかもホテルのトラウマで夫の前で泣いてしまう始末。

話下手な自分を変えたかった時に出会った動画

うまく話せなくて
過去に色々苦労したし

伝わらないって
自分もだけど相手にとっても
ストレスだよな…って
いつも空気で感じていました。

だから
そんな自分をなんとかして
変えたかった。

自信なんてこれっぽちも
なかったから。

そんな時
Twitter経由で出会った動画が
ありました。

情報発信者が自信をもつためにやれること

「情報発信者が自信をもつ
ためにやれること」

私が尊敬してやまない
レオさんの動画です。

レオさんは昔から消極的で
私と同じく話すのが苦手
だったようです。

今のYouTubeって
顔出しして
動画編集して
かまないように
すらすら話せる人が
すごいって感じがあるせいか

YouTubeなんて無理って
ハードル上がってますよね。

そんな私もそうでした。

話すのが好きなキラキラ系な人がやるものだと。

でもレオさんは
そういうことをせず
ハードルを下げて下げて
下げまくって

顔出しもせず
動画編集もせず
マインドマップを作って
時にはかみながらも
ひたすら動画を投稿し続けたと。

その結果
形になってきて
話せるようになったそうです。

今聞いてても
レオさん話すの苦手だったって
嘘でしょ……ってくらい
すごくわかりやすく話されて
いるんですよね。すごい。

そして何より
苦手なことに挑戦し続けて
できるようになるっていうのが
素晴らしいことです。

この動画では

「アウトプットすることが
自信になるからどんどんやろう」

ということを伝えてくれています。

「自信」

そんなのこれっぽちもなかった
自分ですが

ここで終われない。
アウトプットして自信つけるんだ!

そんな気持ちになれました。

ラジオを3ヶ月やってみた結果

standfmで3ヶ月
ラジオ配信をしてみました。

結果を言うと

「自分でもできるじゃん!」

ということ。

半信半疑だったけど
続けていくうちに
小さな自信が生まれてきました。

もちろんスタート当初は
びびってました。

収録ボタン押すのも
話始めるのも。

いざ話し始めたら
そこに誰もいないのに
パニックになって
やり直しを何回も押してました。

しかも最初は
聞いてくれる人なんて
いませんしね。

誰のためにやってるんだよ…
やめたいなって時もありました。

でも
少しずつ形になりました。

積み重ねるうちに
ちょっとずつ話せるように
なったなって思えたんです。

「話すのが楽しい」

そう思える日が来るとは
思いませんでした。

レオさんも動画で
お話していましたが

どんな人の発信に
ついていきたいのかというと

「自信を持っている人」

です。

誰かのために発信活動を
する以上その人に
希望や、やる気を与える
発信者になるべきですよね。

自信を持っている姿は
やっぱりかっこいいです。

背中を見せることができます。

そんな発信者になるために
「アウトプット」することは
大切だし、その手段として
動画で話してみるということが

とても重要なことだと
気づくことができました。

3ヶ月続けてみて
本当に自分の力になりました。

そして最近夫から

「がんばってるじゃん」
「今の言い方わかりやすかった」

そんな言葉をもらいました。
泣きそうになりました。

まだまだ
うまく話せないときもあるけど
「楽しい」と思えるようになった
ことは自分の糧になりました。

これからも
アウトプットを続けながら
自分自身成長したいと思います。

今後は
YouTubeに移行しようかなと
考えています。また挑戦です。

それでは
今回はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました