タイムスケジュールを作ろう!大切な時間を無駄にしないための過ごし方

マインド

こんにちは。あおです。

今日も動き回る息子と戦いながら1日が終わりました。
世界中のパパママ、毎日お疲れ様です。

家事・育児・仕事で慌ただしく過ごしていると気づけばもう夕方…

しかも、全然終わってないし。部屋はぐちゃぐちゃだし…何やってたんだろう。
そう自己嫌悪に陥る日がなんと多かったことか。

しかし、タイムスケジュールを作るようになってから劇的に作業が効率的に進むようになりました。

一日を大切に過ごすためのタイムスケジュール

朝起きてから、今日のタイムスケジュールを決めています。

例えばある私の一日はこちら↓

6:30~6:40 起きる・タイムスケジュール決定
6:40~7:00 顔洗う・朝食・離乳食
7:00~7:30 洗濯回す・Twitter
7:30~8:30 家事タイム(洗濯干し・皿洗い)
8:30~9:00 身支度(着替える・髪整える)
9:00~9:30 休憩・息子と遊ぶ
9:30~10:00 レッスン準備
10:00~11:00 日本語レッスン
11:00~12:00 息子寝かせる・スタエフ撮る
12:00~13:00 昼食・テレビ見る
13:00~13:30 家事タイム(皿洗い・掃除機)
13:30~14:00 休憩・息子と遊ぶ
14:00~14:20 息子寝かせる・昼寝
14:20~15:00 読書・ブログ①
15:00~16:00 息子起きる・洗濯畳む
16:00~17:00 家事タイム(夕食準備・皿洗い)
17:00~17:30 Twitter・メール・ライン
17:30~18:00 息子と遊ぶ・ニュース見る
18:00~18:30 息子夕食
18:30~19:00 休憩・コーヒーと甘いの食べる
19:00~20:30 夫帰宅・お風呂
20:30~21:00 息子寝かせる
21:00~21:30 夕食
21:30~22:00 夫とコーヒータイム
22:00~23:00 ブログ②
23:00~23:20 ホットアイマスクする・寝る

結構長くなってしまいました…!

それくらい細かく決めています。

そして今は大体同じ生活をしているので、このスケジュールをベースにして
用事があるときは、臨機応変に対応しています。

大切にしたいことは
「迷う時間をほとんどゼロにする」ということ。

人は、迷っているときに「ウィルパワー=意志の力」というものをかなり使っています。

迷うことで、選択肢が増えてしまいもやもやして時間を無駄にしてしまうのです。

例えば、iPhoneを世に生み出した天才スティーブジョブズは、毎日黒いタートルネックにジーパンという同じ服装をしていましたよね。

これも「服を選択する」という時間をなくすことで、時間を有効に使い、余計なウィルパワーを使わずに済むということです。

私も、このスケジュールを作る上で

・服装
・献立
・家事

これらを選択しないように心がけています。

→ 服装は目に入ったものを着る。
→ 3食の献立はスケジュール決めのときに一緒に決める。
→ 今日やる家事を決めておく。

これを意識してスケジュールを立てることで実際に行動するときに迷わずに動くことができます。

ぶれないスケジュールを組むために

こんなに細かくスケジュールを組んでいると確かに、できないときもあってうまくいかない!という日も多かったです。

ですが、できるだけぶれないようにできることもあります。

これを気を付けるようになって集中して効率よく進められるように
なりました。

それは

「シングルタスクを徹底する」ことです。

何かスマホで調べたいことがあって、調べていたら
ラインの通知が鳴って開いて、あれなんだっけ…

「ピー」
あ!洗濯終わったやらなきゃ。そういや息子のおむつ替えよ…!

そんなことはありませんか。私はしょっちゅうありました。うまくいかずいつもイライラしていました。

マルチタスクをすると脳が疲れます。メンタリストDaiGoさんもYoutubeでお話ししていたのですが

「意識を切り替えるときにエネルギーを使う」
「その切り替えが多いほど脳が疲れを感じる」

ということでした。

考えてみると、スマホを使っているときも家事、育児をしているときもマルチタスクだらけです。

だからどっと疲れてしまっていたんだな…と納得しました。

この話を聞いてから、極力マルチタスクをするのをやめました。

スケジュールにもあるように

・ライン、メール、SNSの時間を決める
・家事も同時にやらない

「一つのタスクを集中してやる」

というやり方に切り替えました。

育児は待ってくれないのですが例えば息子が泣いているときは、危なくない限り
少しだけ待っててもらって(時にはおんぶして)夕食を作って部屋を片付けたりと…

「待っててくれてありがとう」

そう言って、息子との遊ぶ時間などを作っています。

意識して休憩をとる

スケジュールの中に意識して休憩を入れるのもおすすめです。

よし!今日はあれもこれも…がんばるぞ!

と意気込んだのはいいものの、休憩なしでぶっ続けで作業していると疲れてきてしまいます。

ベネッセと東大が行ったテストに関する実験を紹介します。

Aのチームは連続して60分
Bのチームは休憩をはさみつつ15分×3=45分

という時間配分でテスト勉強をしてもらったそうです。

そして、テストの結果を見てみるとなんと
Bの休憩をとったチームが117.2%もテストの結果がよかったという結果が出たということでした。

この話からもわかるように

ぶっ続けで連続して勉強するよりも適度な休憩をはさむことで、そこの時間は集中してやろう!

と思うことができるのです。

時間は有限だから

「時間は有限」だなんてわかっているけれど日々過ごしていると、明日が無条件に来る気がしてきます。

例外なく私もそうで、明日も明後日もしあさっても自分の明日は続いていくと思ってしまっている…

でも、どんなにがんばっても願っても
時間はみんな平等で、増えることはないし突然終わるかもしれないものです。

だからこそ、少しでも快適に効率よく毎日を過ごせるようにしていきたいです。

タイムスケジュールを組んで、集中してシングルタスクを一つずつこなしていく。

そうすることで、慌ただしくあっという間に過ぎてしまった毎日が充実してたな、自分がんばったなと思うことができるようになりました。

これを読んでいるあなたの日々も今よりもっと充実したものになりますように。

㎰.
あるサイトで「あなたの寿命を診断します」というものがあって、ちょっと知りたくないけど怖いもの見たさに調べてしまいました。

いくつかの設問に答えていざ…

「56年125日11時間13分18秒」

17、16、15、14…

こっわ!!!!!!!!

ぼーっとしている間にも確実に時間は減っている…
56年後ということは、83歳ですわ。

人生100年というけれど、健康寿命はもっと低いわけです。

大体80年くらいだと考えると本当に人生なんて長いようであっという間ですね。
明日ぽっくり死んでしまうかもしれない。

そんなの嫌だ!ということで、明日も明後日も本気でやりたいことやって将来のために動きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました