プロフィール

はじめまして、aoです。

このプロフィールページに来てくださってありがとうございます。

このページでは、私の自己紹介をしていこうと思います。

少し長くなりますが、お付き合いください!

まず、今の仕事、ネットビジネスでの状況を簡単に紹介します。

・本業は外国人に日本語を教える日本語教師。

・夫と2019年夏に生まれた息子と3人暮らし

・育児の傍らフリーランスになりビジネス始める。

・ブログとTwitter2年目。

・ビジネスの基礎を学んで0から1を達成。

という感じです。

今では、ネットビジネスにやっと希望を見出してきたというところではありますが、

ここに至るまで色々な葛藤がありました。

ネットビジネスに出会う前、3年前の2017年、24歳までの私は

・ビジネスなんてさっぱり、起業なんて遠い話
・仕事は汗水たらしてがんばらなきゃいけない
・基本的にネガティブでくよくよしがち
・母子家庭でお金にコンプレックスがある
・奨学金とローンに苦しむ
・仕事がうまくいかず人間関係が苦しい

結構暗い話が多めですね…

というように、ビジネスには縁がなかったんです。

すごい稼いでいる人も世の中にいるようだけど、

こんな凡人ができるわけないや

そう思っていたネガティブ野郎です。

「常に将来の不安」が付きまとっていたと思います。

2017年のその頃、付き合ってた彼がいて(現在の夫なのですが)

その彼にも、お金の不安をいつも漏らしていました。

こんな自分とは結婚できないでしょ!

なんて涙ながらに言い放つとんでもないメンヘラだったと思います。

…今思うと怖い。

そんな自己肯定感が低い私でも、

今はその彼と結婚して、こどもができて
色々な葛藤を乗り越え…

少し自分を認められるようになりました。

それもきっとネットビジネスに出会って、こんな自分でも一歩前に進めたんだという自信がついたからだと思います。

以下からはそんな詳しい道のりを思い出しながら書いていこうと思います。

生い立ち

岐阜県生まれ、岐阜県育ちです。

名古屋からもほど近いベットタウンで交通も便もよく、人口も多いでも自然豊かできれいな町に生まれました。

27年間出たことがないほど地元は大好きです。

家族は4人でした。

「でした」というのも、中学生になる前に、両親が離婚。

母と妹と3人暮らしの母子家庭で育ちました。

その頃から、お金には相当なコンプレックスがありました。

幸いにも母方の祖父母が健在で、かなりの額を援助してくれて不自由だと感じることは少なかったです。

でも、いつでも

「いい学校、いい大学、いい会社に入って早く稼ぐんだ」

と思っていました。

だから、学生時代はがむしゃらにがんばりました。

大学では、夕方までの講義に加えて、深夜まで働いて家にバイト代で月に4万必ず入れ、奨学金を借りながら学費も4年間自分で払いました。

とにかく自分が早く自立して
家計を助けなきゃいけない、そう責任を持っていました。

長女ということもあってか、周りにうまく頼れない責任感が強い子でした。

新卒で失敗する

大学を卒業して、入社したのはビジネスホテルでした。

特殊な勤務形態で「25時間働き丸2日休み」が繰り返される生活でした。

出勤日は、丸1日フロントとして業務にあたるので、かなり大変ですが、休みがすぐに来るので、そこに惹かれたのも入社しようと思ったきっかけでした。

そして、深夜業務もあるので、稼ぎも悪くない。そんなおいしいところだけを
見ていたのが、失敗の原因だったのかもしれません。

結果的に、4か月で辞めました。

ブラック要素が多すぎました。

・ミーティングで呼び出されて休みが消える
・先輩が帰らないと帰れない
・先輩より早く業務に入らないと叱られる
・会員獲得のノルマがある
・それを達成できないと一週間玄関掃除の刑
・残業あたりまえ
・支配人の機嫌取りしてみんなペコペコ
・機嫌が悪いと当たり散らされるので委縮

いや……

もっとあるんですがもう数えきれません。

パワハラが横行する職場で半ば辞めさせられるようにそこを去りました。

そして、次に入ったのは個人店のパン屋でした。

そこは1年で辞めています。

働きすぎ、上司からの威圧…

また長くなるので割愛しますが、ホテルとほぼ一緒の状態でした。

と、

1年で2つも職場を変えました。

今になって考えると、2つの職場の共通点は

・過労働
・マルチタスク
・スピード感重視

だったと思うので、

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)


である自分にとってとても過酷な職場でした。

HSPとは?という方はこちら

そこで思います。

私はこうやって仕事に失敗し続けていいのだろうかと。

一生社畜で辛いままでいいんだろうかと。

日本語教師になる

2社を辞めて、途方に暮れていた私は大学時代に専攻していた日本語教師の道を
もう一度進むことになります。

実は、日本語教師もなかなか経験がものをいう仕事で、最初から生活できるほどの職ではないのが、その世界の常識でした。

そういうこともあり、一時は日本語教師をあきらめて、別の会社に入っていましたが結局道は全部つながっているのかもしれませんね。また戻ってきました。

案の定、2016年の秋に入った日本語学校では非常勤講師としての勤務だったので、生活は本当にかつかつでした。

本屋でのバイトもして、なんとか家にお金を入れられるかな…

今月は少ないや、ごめん。みたいな。

周りの同級生は社会人も2年目になって、教える立場になったという人もいて
非常勤講師である私はふらふらしてて、正社員でばりばり働く同級生がうらやましかったです。

それでも、日本語教師はやっぱり楽しかったです。

その後、念願の専任講師にもなれやっと正社員になって、2年勤めました。

出産とネットビジネス

やりがいのある日本語教師の仕事と、安定した給料でこのまま続けていきたいと
思っていました。

そんな2018年の冬でした。妊娠がわかりました。

念願の第一子だったので、それはそれはうれしかったです。

でも、仕事を続けるかどうかその壁が立ちはだかりました。

結局、教師として産休が取れた人はゼロ。通勤時間も1時間かかるので、保育園も無理。

辞めることになりました。2019年5月でした。

できれば続けたいと思っていた仕事でしたが、

子どものためだ。今は仕方ないんだ。

そう思いました。

そして2019年の8月に無事出産しました。

とここまで読んできて

ネットビジネスの話が出てこないぞ!!!!

と思った方はいると思います。笑

実は出産の4か月前、2019年の4月にネットビジネスを始めました。

・オンラインサロンに入会
・Twitterを開始
・ブログを開設

オンラインサロンは

・ブログで月3万、

・Twitterでフォロワー1000人

を目指すという初心者~中級者向けのサロンでした。

結果的には1年続けてきて

・ブログは月300円あるかないか
・Twitterは1700フォロワー

でした。Twitterはなかなかがんばったかなと思いましたが、ブログが壊滅的でした。

そもそも、ネットビジネスを始めたきっかけは、なんとなく古いTwitterアカウントを開いたら、オンラインサロンの募集が目に入ったのが最初です。

「家でブログで稼げるなんて、こんないいことないよね」

そう、安易に始めました。

そのとき、退職して時間に余裕もあったので、4月にはオンラインサロンに入り、5月のGWにはブログも一から作りました。

その時は、

出産するまでに在宅で稼げたらこれからも楽だし最高!

うまくいったら、もうつらい仕事もしなくていいかも!

そう甘く考えていました。

でも現実は厳しかったです。

・ブログに何を書いたらいいかわからない
・Twitterで毎日ツイートが辛い
・眠い目をこすりながら書いた記事もPVほぼ0
・当然収入もあがらない
・うまくいかずに夫にあたる
・イライラが募って家庭内がぎくしゃく
・加えて初めての育児で産後うつになる

とひどい状況になってしまいました。

育児がありながら在宅で稼ぐなんて、

やっぱり夢じゃんか!

そう、絶望的でした。

・ブログのサーバー&ドメイン代かかる
・オンラインサロンの会費がある
・有料noteばかり買って、ノウハウコレクターになってる

時間とお金を捨ててきたことに気づいてしまったんです。

ネットビジネスの基礎を知る

絶望的だった私ですが、Twitterを眺めているときに一つの長いツイートが目に入りました。

その人が言うことは今までの私の常識を覆すものでした。
(以下Lさんとしておきます)

そんな考えでいた私の考えを打ち砕いてきたんです。

それはただなんとなくやって、人を集めているにすぎないと。

それでは、いつまでたっても今のままだということ。

Lさんは言うならば「ビジネスとは何か」それを教えてくれました。

そのツイートを見てから、Lさんのツイート、メルマガ、youtubeを見まくりました。

教材も買いました。

どれも今までの私の知識とは違うことで、次々と塗り替えられていったことを思い出します。

Lさんはよく言っていました。

「知識は誰でも手に入れられる。それを学び実践すればいい」と。

そして

ビジネスの根幹である

「集客・販売・商品」の軸を教えてくれました。

もう一人、私に影響を及ぼした人がいます。
(Rさんとしておきます)

出会いは偶然にもRさんからのフォローでした。

プロフィールを見てみると、Lさんと同じくネットビジネスで結果を出しており
自分と同い年、夢も同じの方でした。

でも自分より先に言っているRさん、ぜひつながってお話しがしたいと思いました。

そして、うれしいことにお話しする機会がありました。

私は驚きました。LさんとRさんは同じことを言っていたからです。

ああ、そうか。

稼いでいる人のマインドや基礎などの根っこの部分は同じなんだ。

そう気づきました。

それから、Rさんとは定期的にコンタクトをとっています。
1年前に知らなかったことを知って、かつてないほどにわくわくしています。

ビジネスって楽しいんだなと思うことができました。

現在の私

現在はまだ、ノー実績のしがないフリーランスですが、フリーランスとしてやっていくんだぞという希望が生まれて、覚悟もできました。

きっと、Lさん・Rさんに出会っていなければ見えなかった世界だと思います。

これからネットビジネスでもっと収益をあげられるように邁進していきます。

私の夢と目標は

・人間関係が辛いHSPさんがリラックスできるカフェを作ること
・家族が幸せに生きること
・母や祖母に恩返しをすること

です。

そのために、今日も勉強を続けたいと思います。

私と同じように

・母子家庭でお金がない
・人間関係が辛く仕事が嫌
・HSPで生きづらさがある
・育児と仕事のバランスが難しい

そんな方に向けて心が軽くなるような、元気を与えられるような発信をしていきます。

そして、育児をしていてもHSP気質でも在宅なら生き生きと自分らしく働けるんだよってことを自分がまず証明していきたいと思います。

「辛いにプラス1してそう、幸せつかみ取れ」

私が大好きなワンオクロックの努努(ゆめゆめ)という曲のフレーズです。

辛いことはいつまでも続きません。プラス1するだけで、自分が少し変わろうと
思うだけで幸せになっていくものです。そう信じています。

これを読んだ方が幸せになりますように。

そんな願いをこめて、この記事の執筆を終えようと思います。

長い文章をお読みいただきありがとうございました!

公式ライン

「あおいろ 🕊 おたより」では

・HSS型HSPの私が乗り越えてきたHSPとの向き合い方

・毎日を少しでも心地よく生きる方法

・やっとノウハウコレクターから抜け出した道筋

などのおたよりの配信に加えて

登録者限定の無料のHSP相談を

実施しています!

HSPゆえに

・仕事が辛い

・家事と育児がうまく行かない

・パートナーに遠慮してしまう

ささいな悩みでも大丈夫です。

その他に

HSPの私と色々お話したい!ということでも大歓迎です♪

少しでもあなたの力になれたらうれしいです。

気軽にご登録くださいね!

「あおいろ 🕊 おたより」に登録する

タイトルとURLをコピーしました